カメムシ皮膚炎

秋の10月頃になるとカメムシを屋内で見かけることがあります。冬を越すための温かい場所を探して、屋内に入ってくるそうです。 カメムシを刺激すると悪臭のする分泌液を放ちますが、この分泌液が直接、皮膚に付着すると皮膚炎が生じて […]

とびひ

とびひとは  暑い季節に増加する皮膚疾患にとびひがあります。とびひとは、細菌感染が原因となる皮膚疾患です。火事が飛び火する様に、体のあちこちに広がって行くことからとびひと呼ばれます。医学的には伝染性膿痂疹と呼びます。 と […]

蕁麻疹

蕁麻疹とは、かゆみを伴う一過性の皮膚の膨らみや赤みを特徴とする皮膚疾患です。

手足のイボ

手や足にできるイボは、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)というイボであることが多いです。

虫刺され

夏になると虫に刺される機会が増えます。

赤ちゃんの皮膚疾患

赤ちゃんによくみられる皮膚疾患におむつ皮膚炎や新生児ざ瘡、乳児脂漏性皮膚炎などがあります。

ヘルペス

ヘルペスとは、単純疱疹または帯状疱疹という皮膚疾患をさして使われることが多いです。

水虫

水虫とは、白癬菌という真菌(カビ)の一種による感染症です。

ホクロについて

 ホクロは、医学的には色素細胞性母斑と呼ばれます。皮膚の色素をつくる細胞が良性腫瘍化したものです。褐色から黒色のものがほとんどですが、肌色で盛り上がったものもあります。ホクロは、同じく色素をつくる細胞が悪性腫瘍化した悪性 […]

湿疹とは

湿疹とは  湿疹とは、皮膚表面の炎症から生じる皮膚の症状のことをいいます。外からの刺激に対して皮膚の免疫が反応して生じます。かゆい赤みから始まり、ひどくなると小さな水ぶくれがポツポツと出来ます。掻いている内に水ぶくれが破 […]

紫外線対策

夏が近づくと紫外線という言葉をよく聞くようになると思います。

陥入爪(かんにゅうそう)

陥入爪(かんにゅうそう)とは、爪の一部が周囲の皮膚に食い込んだ状態です。症状の初期は、食い込みの痛みのみですが、ひどくなると炎症が生じて痛みが強まります。更には、爪が食い込んでいる部分に肉芽組織(お肉)が増殖したり、感染 […]

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは  アトピー性皮膚炎は、長期間、痒みを伴う皮膚炎を全身に繰り返す皮膚疾患です。その原因は、はっきりとは分かっていませんが、その基礎には乾燥肌に伴う皮膚のバリア機能の低下があり、それに伴ってアレルギー性 […]

鶏眼

鶏眼(けいがん)は、一般的にはウオノメと呼ばれます。皮膚の同じ部位に圧迫などの刺激が繰り返されることで生じます。刺激に反応して皮膚の表面(角層)が、硬く分厚くなります。円形で中心に芯が透けて見えて、魚の目のように見えます […]

乾燥肌について

 寒い季節になると肌がカサついて痒くなるといったことは、ないでしょうか? このような症状の原因として、乾皮症(乾燥肌)の可能性が考えられます。 <乾皮症とは?> 乾皮症とは、皮膚表面の水分量が減少し、皮膚が乾燥した状態を […]

しもやけについて

しもやけは、皮膚が寒気に曝されることによって生じる皮膚疾患です。